Home > FLBニュース NO121

FLBニュース NO121 Archive

FLBニュース NO.121

田中康夫知事の「脱ダム宣言」を歓迎する



滋賀県も8つのダムを中止せよ








このニュースを知った時、真偽を思わず疑いました。まさに衝撃的でした。しかし、この流れは今始まったことではありません。木頭村の細川内ダム反対運動をはじめ、川辺川ダム、吉野川第十堰、長良川河口堰などに反対する運動などの盛りあがり、さらに、中海の干拓中止、藤前干潟の埋め立て中止、三番瀬干潟の見直し、そして、諫早湾の工事中断と水門開放の動き、と、その流れは出来ていました。



滋賀県においても、永源寺第2ダムに反対する運動は粘り強く続けていますし、丹生ダムや金居原揚水発電ダムなど、ダムの虚偽を知った私達は一貫して反対してきました。その、ダム反対の声は今や全国で無視できないものとなってきたことがこの「脱ダム宣言」の背景にあります。



お笑いは、この田中知事の決断にあわてた役人や議員が、自分達のやってきたことを棚に上げて、これは民主主義を否定するものだと大騒ぎしていることです。しかし、あなどれません。ダム推進派は必死の巻き返しで田中知事をつぶそうとしてきています。私達に今必要なことは、田中知事の「脱ダム宣言」を支持する声を上げ、あらゆる形で激励することではないでしょうか。そして、地元においてもダムに反対の運動を一層すすめることが重要だと思います。



激励先:





———————————————————————



「余呉高原スキー場増設工事と丹生ダム建設現場現地調査会」のご案内





21世紀に残された秘境とも言える自然の優れた湖北の県境で、またもや大規模なスキー場開発が始まっています。すでに増設された一部では営業を始めているようです。あの高時川の清流が昨秋には濁ったという情報がもたらされています。そして、その下流では丹生ダムの建設工事が着々と進められています。

これまでの情報では、スキー場増設計画は大幅な計画変更が考えられている模様であり、丹生ダム建設でもまだ本体工事には到っていません。

 今回の現地調査会を踏まえて考えていきたいと思います。皆さんの参加とご協力をよろしくお願いします。



【日  時】 4月14日(土)

 【集合場所・時間】A、JR野洲駅 AM9:00

         B、木ノ本インター出口駐車場 AM10:30 

 【調査内容】・計画地の自然状況・工事の進捗状況・工事に伴う自然破壊・その他

  【参加問い合わせ・申し込み】寺川 庄蔵 ?・Fax 077−592−0856

               又はEメールで、必ず申込みをしてください。







———————————————————————





★行事案内★





ゴミ調査会

産業廃棄物処分場見学



これまでは一般廃棄物の処分場を見学して来ましたが、今回からは産業廃棄物の処分状況について見学します。多く方の参加をお願いします。



目的地 赤坂組(野洲町)



山崎砂利商店(大津市・志賀町)

西日本産業(京都?志賀町)ロータリープロゼクトシステム(志賀町)

日時 3月24日(土) 4月21日(土)

集合場所・時間 JR野洲駅前 AM9:30 JR堅田駅前 AM9:00

参加申し込み 寺川Tel:Fax077-592-0856



又はEメール

同左





———————————————————————



第10回総会とゴミシンポジウム



午前では第10回総会を開催します。昨年の12月3日に臨時総会を開いて大幅な組織の見直しを行ないましたが、それ以降半年間の活動を振り返りながら議論し活動計画を決めたいと思います。そして、行動する組織として新しい役員を選出します。



午後のゴミシンポジウムでは、3年に及ぶゴミ処理場調査を踏まえてゴミ問題の解決のために住民の立場からなにが出来るのか、そして、何をしなければならないのかを考えます。4月からは家電リサイクル法が施行され、それに伴う不法投棄が心配されていますが、みんなで良く考えながら解決の道を探って行くことが求められています。



日時 5月20日(日) 10:00〜16:00



会場 ピアザ203 大津市におの浜1−1−20 TEL:077-527-3310



日程 9:30 開場



   10:00 第10回総会開会 



   12:00 閉会 (昼食)



   13:00 シンポジウム開場



      講演:「ドイツのゴミ対策」(仮称) 竺文彦龍谷大学教授



      パネルディスカッション:竺、行政、処理場、NGO、市民



   16:00 閉会



参加費   500円





———————————————————————



自然・生き物・人の共生

湖国21世紀記念事業

―びわこにふるさとのある暮らしを実現しようー



 



冬の田んぼに水を張ると、いろんな生き物が戻ってきた メダカ・ドジョウ・タニシ・ほたる・とんぼがいっぱい・・・私たちは今こそ、安全で美しかった水田を再び蘇らしたい。堅田の落雁を再び!



日 時  4月8日(日) 13:30〜17:00



会 場  プレジデントホテル 3階 JR湖西線堅田駅前 TEL077-572-1000



講 演  ?「マガンに学ぶ自然の豊かさ」 講師:呉地正行 日本雁を保護する会会長



     ?「安全・安心・ 自然耕栽培」 講師:岩澤信夫 日本の水田を守る会会長



参加費  1,000円  ・問合せ先 伊佐恒範 Tel077-573-5113



主 催  ネットワーク未来シンフォニー 他 ・後 援 環境ネット アイネットワーク 







———————————————————————

ホーム > FLBニュース NO121

Search
Feeds
Meta

Return to page top