Home > Archives > 2007-08

2007-08

針江の粗朶消波堤補修

19日(日)晴れ、暑い日が続いていますが、針江の粗朶消波堤補修を行ないました。

参加者は25名(FLB5、みどり4、国交4、地元8、一般1、漁業者3)でした。



10時から開会式の後作業を開始し、2号提(波平)に100束の柴の補填を行い、老朽化した番線結束の補強を行いました。

しかし、全体としてはまだまだ柴補強が必要であり、再度柴が確保できた時点の冬に再度補強作業を行なうことにしました。



今年の3月に、砂を投入して植栽したヨシは消波提のない中で6割程度定着し根を張ってきていることが確認できました。

また、粗朶消波堤は欠損が見られるものの、確実に砂が堆積し、ヨシの拡張がすすんでいました。

今後への期待がここでも出てきました。



暑さ厳しい中、参加していただいた皆さんご苦労さまでした。

特に、今回は地元の皆さんが積極的に参加いただきその広がりは楽しみです。












魚道の改良作業

8月4日の魚の遡上調査時に、魚道の改良を行ないましたが最下段の落差が50センチ以上と、魚の遡上には少し高い感じでしたので

本日7日(火)、午後1:30から3:00まで改良作業を行ない高低差を30cm程度にしました。



これで、鮎などの遡上はより容易になるのではないかと期待しています。



今日の作業には、急でしたので皆さんに連絡できませんでしたが西村正氏と寺川の2名で行ないました。






中浜のヨシ成育状況の観察と粗朶消波堤の補修

鮎が群れをなして泳いでいる!!

夢にまでみた光景が喜撰川の清流に展開している。

それもわれわれが造った木製箱型魚道の上流で!

ここまで来るのに3年を費やした。



7月8日(日)の予備調査で、遂に鮎を魚道の上流で捕獲したが、4匹であり魚道に滑り台をつけて空気が内側に入らないようにしたことが、一定鮎の遡上に成功したものの、下流にいるたくさんの鮎がどんどんのぼるというところまではいっていないことから、今回は、10時からの調査の前に7時半から西村氏と寺川で箱型魚道の3度目の改良を行った。



ところが、その様子を近所の方が見学にこられ話すと、すでに「上流に数千匹はのぼってるで」わしが大分前から見ているとのこと。「ほんまかいな」ということで、この木村さんという方に同行していただき上流に行くと、なんと、白い腹をきらきら輝かせて岩についた藻を食べる鮎の群れを発見、さらに、その上流にはいるはいるはそれも中には15センチから20センチくらいもある大きな鮎が泳いでいます。みんな興奮してあこにもいるここにもいると暑さも忘れる感激でした。われわれが捕獲したのは10匹ほどでしたが、ざっと見て最低でも500?600匹はいるというのが、うおの会の村上さんのお話でした。



写真は群れをなして泳ぐ鮎をうまく撮れていませんが、雰囲気で見てください。



今日8月4日(土)は、心配した台風5号の影響も少なく、曇りで水は少ないでしたが澄んでいました。参加者は10名(FLB7、うおの会1、地元2)マスコミは京都のみ、他社はチャンスを逃した。



午後からは、会員3名が残り、琵琶湖よしよしプロジェクト中浜のヨシ成育状況の観察と粗朶消波堤の補修を行ないました。岸からは消波提が隠れるほどヨシ帯が連続するほどの成果になっていました。ただ、粗朶が一部流出するなどメンテの課題もでてきました。



喜撰川付近に行かれたらぜひ湖西線の上流で鮎を観察してください。8月一杯は見られるとのことでした。




Home > Archives > 2007-08

Search
Feeds
Meta

Return to page top