Home > Archives > 2009-12

2009-12

和邇川調査報告

12月29日(火)晴れ 、10:00~12:15 参加者4名で魚ののぼれる川づくりの一環として和邇川(大津市和邇)の調査を行いました。
 
中流の目的地まではいけませんでしたが、河口から約4k地点まで遡上し川の状況を調査しました。
この間、堰は6ヵ所あり、下流から4つの堰には魚道が設置されていましたが、3つ目の魚道は水が流れておらず
ただ設置されているだけというものでした。
 
上部2つの堰は、魚道がなく堰の落差も最大3メートル以上はありそうで、
新入路の確保も新たに設置する必要があり、われわれだけでは手に負えない状況で、
ここで実施するには、地域と行政との協働が必要となるため、
計画立案に当たっては議論が必要と感じました。
 
また、支流からは濁った水が流入しており、その上部は産廃の処分場ということですので
水質調査とその対策を立てないと、魚道を設置し魚が遡上したとしても
魚を捕獲し安全に食すことができないことも考えられます。
 
今回の調査結果をふまえ議論し、今後の取り組み方向を決めたいと考えます。
 
年末の忙しい時期に参加していただいた皆さんご苦労様でした。

s-DSCN0643
s-DSCN0649
s-DSCN0660
s-DSCN0665

Home > Archives > 2009-12

Search
Feeds
Meta

Return to page top