Home > 2014年 > 2014年8月12日 喜撰川魚道の一部流される

2014年8月12日 喜撰川魚道の一部流される

8月11日に近畿を直撃した台風11号は、各地に大きな被害をもたらしました。
翌12日に、喜撰川魚道の様子を見に行くと、全体としてはしっかりしていましたが、
6月14日に補修した最下段の滑り台の下が持ち上がり、支えていた杭が流されていました。(写真)

このままでは、魚の遡上は難しく、かつ滑り台も流されてしまう恐れもあるため、西村正之氏とも相談のうえ早急な対応を考えたいと思います。

◎石組みの川の一部補修

もう1点は、八屋戸の大道川上流で取り組んできた石組みの川復活プロジェクトの現場で、今回の台風の影響も考えられますが、我々が補修した以外の2箇所で石がはがれているのがわかり、

地元の改良組合長の依頼もあり、石塚政孝氏と地元の方1人の4人で12日に現場に行きましたところ、いづれも大した壊れ方ではなかったため、4人で補修することができました。(写真)

ただ、応急的な補修であり、再度しっかり補修する必要があり、今後検討したいと考えています。

Home > 2014年 > 2014年8月12日 喜撰川魚道の一部流される

Search
Feeds
Meta

Return to page top